マイケル・ジャクソンの検死報告書

このページは、三浦春馬氏の他殺疑惑と透明性ゼロの刑事司法の付属物です。

構成

なお、検死報告書は犯罪捜査のための書類ではなく、死因を明らかにするための書類だ。
ロサンゼルス検死局が公表した検死報告書は、合計51ページである。内訳を下表に示す。

ケースレポートCASE REPORT1ページ
検死局捜査官陳述Investigator’s Narrative3ページ
薬物エビデンス MEDICAL EVIDENCE6ページ
解剖レポートAUTOPSY REPORT30ページ
検死局研究所分析レポートLaboratory Analysis Summary Report8ページ
薬物エビデンス分析レポートMedical Evidence Analysis Summary Report1ページ
毒物検査結果SUMMARY of POSITIVE TOXICOLOGICAL FINDINGS1ページ
法医レポートFORENSIC CONSULTANT’S REPORT 1ページ

解剖レポートのなかには、プロポフォールの血中濃度が高いことが意見として記されている。
2009年8月24日、ロサンゼルス検死局は、検死報告書を踏まえた宣誓供述調書を公開した。麻酔薬「プロポフォール」の致死量投与が死因と結論付けた。

捜査 Investigation:

2009年6月25日15時38分に、ロサンゼルス市警 (LAPD) の W. ポーシュ刑事は、この事件をロサンゼルス郡検死局に事故死または自然死として報告しました。 F. コラル警部は、この死亡調査を16時15分に私に割り当てました。 17時20分、私は、アシスタントチーフ E. ウィンターと法医補佐のA. ペレスと共に、UCLA 医療センターに到着した。 病院での身体検査が終わると、遺体はロサンゼルス保安航空局によって法医学センター(FSC)に移送されました。法医補佐ペレスは、輸送中の遺体に付き添いました。

アシスタント チーフ E. ウィンターと私は病院を出て、故人の自宅に向かいました。19時10分、私たちは住居に到着し、現場調査を行いました。20時20分に現場を出発し、FSCに戻りました。

原文(英語)
On 6/25/09 at 1538 hours, Detective W. Porche from the Los Angeles Police Department (LAPD) reported this case as an accidental vs. natural death to the Los Angeles County Department of Coroner. Lieutenant F. Corral assigned this death investigation to me at 1615 hours. I arrived at UCLA Medical Center at 1720 hours, along with Assistant Chief E. Winter and Forensic Attendant A. Perez. Upon my completion of the body examination at the hospital, the decedent was transported by the Los Angeles Sheriffs Department-Air Bureau to the Coroner’s Forensic Science Center (FSC). Forensic Attendant Perez escorted the decedent’s body during transport.
Assistant Chief E. Winter and I left the hospital and went to the decedent’s residence. We arrived at the residence at 1910 hours and I performed as scene investigation, We departed the scene 2020 hours and returned to the FSC.

情報提供者・承認の証言 informant/Witness Statements:

以下の情報は暫定的なものであり、適切な法執行機関によるさらなる調査が行われるまでの間、変更される可能性があります。私は LAPD の S. スミス刑事と以下のことを話しました。彼によれば、2009年6月25日の早朝、01時00時頃、故人は、故人の主治医である循環器科の医師コンラッド・マーレ―に電話をかけた。故人は脱水症状で眠れないと訴え、Dr.マーレ―は故人の住居に行き、医療を施した。この医療の詳細と程度は現在不明である。故人は数時間眠り、Dr.マーレ―はベッドサイドにいました。12時00分頃、Dr.マーレ―は故人が息をしていないことに気づき、故人を寝室の床に引っ張り、心肺蘇生を開始しました。 911 が呼び出され、救急隊員が応対しました。医療記録 (上記) によると、救急隊員は12時26分に自宅に到着し、故人が心静止していることを確認しました。救急隊員は、エピネフリンとアトロピンの2ラウンドを含むCPRとACLSプロトコルを行いました。故人はその後挿管され、CPR の努力が続けられた。故人は無反応で、瞳孔は開いたままでした。Dr.マーレ―の助言の下、故人は救急車に乗せられ、UCLA 医療センターに運ばれました。移送中、すべての医療命令はDr.マーレ―によって与えられました。

病院に到着すると、心拍は停止していた。。中央線と大動脈内バルーンポンプが配置されましたが、故人はバイタル サインなしのままでした。2009年6月25日の14時26分、Dr. クーパーは死亡を宣告した。

S. スミス刑事によると、故人は次の予定されている音楽ツアーに備えて毎日激しい運動を行っていました。故人には心臓病の病歴はありません。彼は、クロナゼパム、トラゾドン、ジアゼパム、オラゼパム、フロマックスを含むいくつかの処方薬を服用していましたが、遵守していたかどうかは不明です。

原文(英語)
The following information is preliminary and subject to change pending further investigation by the appropriate law enforcement agency. I spoke with Detective S. Smith from the LAPD and he reported that on the early morning of 6/25/09 at approximately 0100 hours, the decedent placed a call to his primary physician, cardiologist, Dr. Conrad Murray. The decedent complained of being dehydrated and not being able to sleep, Dr. Murray went to the decedent’s residence and administered medical care, The details and extent of this medical care are currently unknown; though the decedent slept for several hours and Dr. Murray was at the bedside. Around 1200 hours, Dr. Murray found that the decedent was not breathing and he pulled the decedent onto the bedroom floor and began CPR. 911 was called and paramedics responded to the house.
According to the medical record (listed above),the paramedics arrived at the home at 1226 hours and found the decedent asystolic. Paramedics continued CPR and ACLS protocol including two rounds of epinephrine and atropine. The decedent was then intubated and CPR effort continued. The decedent remained unresponsive; his pupils were fixed and dilated. Under advisement of Dr. Murray, the decedent was placed in the ambulance and transported to UCLA Medical Center, Throughout the transport, all medical orders were given by Dr. Murray.
The decedent presented asystolic to the hospital. Central lines and an intra-aortic balloon pump were placed but the decedent remained without vital signs. Dr. Cooper pronounced death at 1426 hours on 6/25/09
According to Detective S. Smith, the decedent had been undergoing daily strenuous exercise in preparation for an upcoming planned music tour, in which it would have been necessary for the decedent to be in strong physical condition. The decedent did not have a history of heart problems. He was taking several prescription medications including clonazepam, trazodone, diazepam, lorazepam and Flomax but it is unknown if he was compliant.
The following information is preliminary and subject to change pending further investigation by the appropriate law enforcement agency. I spoke with Detective S. Smith from the LAPD and he reported that on the early morning of 6/25/09 at approximately 0100 hours, the decedent placed a call to his primary physician, cardiologist, Dr. Conrad Murray.
The decedent presented asystolic to the hospital. Central lines and an intra-aortic balloon pump were placed but the decedent remained without vital signs. Dr. Cooper pronounced death at 1426 hours on 6125/09.

<補足>ロサンゼルスタイムスの報道(検死報告書ではありません)

当時の状況 Scene Description:

故人の邸宅はベルエアの閑静な住宅街にある2階建ての邸宅で、家は綺麗で手入れが行き届いています。私は家の 2 階、階段の上の右側にある寝室を観察しました。伝えられるところによると、これは、故人が安静にして心停止に入った寝室です。彼のいつもの寝室は廊下の奥にありました。

階段の右側にある寝室には、クイーンサイズのベッド、多数のテーブルと椅子、ドライヤー、そしてテレビが置かれていました。付属の大きなウォークインクローゼットもありました。寝具は乱れていて、誰かがベッドの左側に寝ているように見えました。ベッドの中央近くにあるシーツの左側に、綿の裏地が付いた青いプラスチック パッドがありました。ベッドの左足の近くには、木製のビーズの紐と歯磨き粉のチューブがありました。ベッドの右側には、本、ノートパソコン、眼鏡など、さまざまなアイテムが残っていました。また、ベッドの足もと近く、椅子の上には、未開封の尿ボトルがありました。

ベッドの左側には、テーブルが2つと色付きのソファチェアが置かれていました。伝えられるところによると、故人の医師はここに座っていました。ベッドのこちら側にも緑色の酸素ボンベがありました。テーブルの上には、カテーテルの入った箱、使い捨ての針、アルコール パッドなど、さまざまな医療用品が置かれた、故人の処方薬ボトルが置かれていました。テーブルの上には、オレンジジュースの空のボトルがいくつか、電話、ランプも置かれていました。ベッドの隣の床には、蘇生バッグとラテックスの手袋が置かれていました。

原文(英語)
The decedent’s residence is a two-story mansion located in Bel-Air on a quiet residential street The home is clean and well-groomed. I observed the bedroom on the second floor of the home, to the right of the top of the staircase. Reportedly, this is the bedroom where the decedent had been resting and entered cardiac arrest. His usual bedroom was down the hall.
The bedroom to the right of the staircase contained a queen size bed, numerous tables and chairs, a dresser and a television. There was also a large attached walk-in-closet. The bedding was disheveled and appeared as though someone had been lying on the left side 01 the bed. There was a blue plastic pad lined with cotton on the left side of the fitted sheet near the center of the bed. Near the left foot of the bed, there was a string of wooden beads and a tube of toothpaste. Miscellaneous items remained on the right side of the bed Including a book, laptop computer and eyeglasses. Also near the foot of the bed, there was a closed bottle of urine atop a chair.
Next to the left side of the bed, there were two tables and at an colored sofa chair. Reportedly, the decedent’s doctor sat here. A green oxygen tank was also on this side of the bed. The decedent’s prescription medication bottles were seen on the tables with various medical supplies including a box of catheters, disposable needles and alcohol pads. Several empty orange juice bottles, a telephone and lamp were on the tables as well. An ambu-bag and latex gloves lay on the floor next to the bed.

証拠 Evidence:

私は2009年6月25日に故人の住居から医学的証拠を集めました。 詳細については、フォーム 3A を参照してください。

原文(英語)
I collected medical evidence from the decedent’s residence on 6/25/09; see form 3A lor details.

遺体の状況 Body Examination:

私は 2009年6月25日に病院で体外検査を行いました。故人は病衣を着ていた。身体は50歳前後の黒人の成人男性。彼は茶色の目、自然な歯、茶色の髪をしています。死体の頭髪は薄く、ウィッグにつながっています。死体の皮膚全体に、明るい部分と暗い部分の色素斑があります。

病室の周囲温度は 18時15分で華氏 68 度でした。 18時11分、死後硬直は全身に存在せず、軽い圧力で白化した。死斑は仰臥位と一致していた。

死体の髪の生え際近くの額上部に、濃い黒の変色がありました。薄暗い眉毛、眉毛、唇に暗色が見られた。モールのガーゼが彼の鼻先にあり、ETT が医療用テープで固定されているのが口の中に見られました。胸の中央には赤い変色が目立つ。

穿刺創を覆うガーゼが右頸部にテープで留められ、IV カテーテルが左頸部と両側の鼠径部に留置されていた。外部尿カテーテルもあった。彼の右肩、両腕、両足首には追加の刺し傷が見られた。彼の左足の内側にアザがある。彼の膝の下と彼の裏側に4つの変色したへこみが見られた。

原文(英語)
I performed an external body examination at the hospital on 6/25/09. The decedent was wearing a hospital gown. The body is that of an adult Black male who appears to be approximately 50-years-old. He has brown colored eyes, natural teeth and brown hair. The decedent’s head hair is sparse and is connected to a wig. The decedent’s overall skin has patches of light and dark pigmented areas.
The ambient temperature in the hospital room was 68 degrees F at 1815 hours. At 1811 hours, rigor mortis was not present throughout the body and lividity blanched with light pressure. Lividity was consistent with a supine position.
There was a dark black discoloratlon on the decedent’s upper forehead near his hair line. Dark coloration was present on the deceden’tse yebrows, e yelashes and lips. As mall piece of gauze was found on the tip of his nose and an ETT, he ld in place with medical tape, was seen in his mouth. A red discoloration is prominent on the center of his chests.
Gauze covering a puncture wound was taped to his right neck and IV catheters were present in his left neck and bilaterally in the inguinal area. There was also an external urine catheter present. Additional puncture wounds were seen on his right shoulder, both arms and both ankles There is a bruise on his left Inner leg, below his knee and 4 discolored indentations were found on his lower backside.

特定方法 Identification:

遺体は、2009年6月25日発行のカリフォルニア州の運転免許証との視覚的照合により、マイケル・ジョセフ・ジャクソンとして明確に識別されました。

原文(英語)
The body was positively identified as Michael Joseph Jackson by visual comparison to his California Drivers License on 6/25/09.

親族 Next of Kin Notification:

故人は未婚で、子供は18歳未満です。彼の母親は法律上の最親等にあり、2009年6月25日に死亡が確認されています。

原文(英語)
The decedent was not married and his children are under 18 years of age, His mother is the legal next-of-kin and was notified of the death on 6/25/09.

臓器提供 Tissue Donation:

病院の記録には、被相続人の家族に対し、臓器提供の進言に関する記載はありません。

原文(英語)
The hospital record does not indicate if the decedent’s family was approached regarding
donation.

解剖意見 Autopsy Notification:

ロサンゼルス警察強盗殺人課の刑事S・スミスは、解剖の通知を要求します。 連絡先情報については、ファイルを参照してください。

原文(英語)
Detective S, Smith from the LAPD-Robbery Homicide Division requests notification of autopsy. See file for contact information.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です