速度と安全の関係

交通安全の科学

速度と安全の関係

日本では「速度違反は危険」とされている。しかしながら、規制速度は、全国一律の法定速度から逓減的に決められたに過ぎず、科学的根拠はない。仮に合理的な速度規制がなされたとしても、それぞれの道路区間における安全/危険は、それほど単純に分けられるものではありません。

ここでは、警察庁が主導する「違反は危険」の絶対論から離れて、安全の本質を考えてみよう。

なお、道路の種別高速自動車国道/それ以外すべての道路での分類はあまりに雑なので、ここでは地域高規格道路指定路線図(関東地方整備局)地域高規格道路を想定する。

まずは現状。ほとんどの地域高規格道路は、数キロに渡って同一の規制速度となっている。これら規制速度は、設計速度と同じ速度に設定されていることが多い。次の図に現状の速度規制を示した。

fig_margin_10

しかしながら、道路には、長い直線区間もあればカーブもある。カーブの曲がり具合も様々だ。そして、経験と良識のあるドライバーとライダーは、様々な情報から走行速度を選択します。

  • 道路の基礎条件(車線数・路線幅・カーブならその半径)
  • 環境(天候・視界・路面状態)
  • 前後左右の車両の有無、および、その位置・走行速度・挙動
  • 交差点の有無・車両の出入りの可能性
  • 車道に歩行者が飛び出す可能性
  • 運転するクルマの性能と状態
  • 自分の体調と精神状態
  • 警察条件(規制速度・パトカーや定置網の有無)

さらに、突然の障害物などの危険因子に対応するため、セーフティ・マージンを差し引いた速度を選択している。この調整は、それぞれドライバーが、危険因子に対応する経験を積み重ねることで、独自の「予測モデル」を形成することによって可能になる。

予測モデルに学習を重ね、それを運転に応用する作業は、ドライバーとライダーが無意識に行っていることである。なお、免許を取って5年以下、または10万キロ以下の走行では、予測モデルとしては不十分だ。

次の図には、経験と良識のあるドライバーとライダーが先導した結果として発生する「道路の自然な流れ」から、85パーセンタイル速度を青線で示した。上下に振れているのは、運転にメリとハリがあるからだ。

fig_margin_20

「速度違反は危険」のプロパガンダに感化された人は、速度違反と聞くと、悪質な暴走行為をイメージする傾向がある。しかしながら、限界を試すかのような速度違反は、青い曲線よりはるかに上方だ。

安易な極論を排除するために、限界を試すかのような走行速度を赤線で示した。

fig_margin_21

赤い線で走行する車両は皆無に等しい。そして、青線に近づくほど、その速度で走行する車両は多くなる。このことは、85パーセンタイル速度が経験あるドライバーとライダーの良識を数値化したものであることを示している。

次に具体的なシーンを織り込もう。

実際の走行において、ドライバーとライダーは、さまざまな危険因子を察知する。次の図は、危険因子に対するアクションを織り込んだ動的モデルである。

fig_margin_40

次に最初の図に示した規制速度を追加した。

fig_margin_50

緑色の線が、赤紫色の線を下回っている区間があることに着目して欲しい。これは、漫然と規制速度で運転することが、決して安全ではないことを示している。

次に、警察官が「違反が多いところで取締ることに交通安全の効果がある」として「ねずみ捕り(正式な警察呼称は「レーダー式車両走行速度測定装置を使用した速度取締り」らしい)」ポイントを追加した。なお、図中の速度曲線は、静的な曲線に戻した。

fig_margin_60

違反が多いところは、良識あるドライバーとライダーが様々な情報から総合的に安全だと判断した道路区間である。それが違反とされ、懲罰の対象となる。また、警察が「交通違反は犯罪だ!」と広報する対象にもされてしまう。

ところで、現在、自動運転の実現に向けた研究が進んでいる。自動運転の最大の難題は、青線のように、様々な条件のみならず、予測モデルを織り込んだ速度を算出することである。規制速度プラスαで走行させるだけなら、きわめて簡単なことだ。

数十万キロを走行した良識あるベテラン・ドライバーが、現在の機械では為し得ない「しなやかさ」を持って選択した速度さえ、犯罪とされてしまうのは、あまりにも規制速度が低いからだ。

single-advanced.php

アドバンスドページ一覧


Warning: array_shift() expects parameter 1 to be array, bool given in /home/webpbi2/www/protest/wp/wp-content/themes/lightning_child/single-advanced.php on line 38

国家公安委員長の疑問

「安全な道路での制限速度20キロ超過を取り締まるのは疑問」 「取り締まりのための取り締まりになっている」 2013年6月4日、閣議後の記者会見における、こんな古屋圭司国家公安委員長の発言が報道された。古屋氏のfacebo […]

速度と安全の関係

交通安全の科学

速度と安全の関係 日本では「速度違反は危険」とされている。しかしながら、規制速度は、全国一律の法定速度から逓減的に決められたに過ぎず、科学的根拠はない。仮に合理的な速度規制がなされたとしても、それぞれの道路区間における安 […]

85パーセンタイル速度と規制速度の関係

日本の速度規制には科学的根拠がない 国家公安委員長が疑問を向けた道路は、「歩行者が出てくる危険性もない道路」である。 なのに、第3回交通事故防止に資する取締り・速度規制等の在り方に関する懇談会(2013.11.14)で警 […]

争点は速度規制の合理性と取締りの妥当性

警察官が取り締まりを正当化する論拠 本件取締りに限らず、警察官が速度取締りを正当化する論拠は次の3つである。 速度規制は適正である。 取締り区間において、悲惨な事故が発生した、ないし交通事故が多発している。 交通事故をな […]

「事故多発!」のプロパガンダ

「事故多発!」のプロパガンダ おびただしいまでに全国に設置された悲惨な事故多発を告げる看板。 その多くは「速度注意」など、違反への注意喚起が添えられている。 「取締強化」「緊急対策」など警察力を誇示するものも少なくない。 […]

時代遅れの交通管制

この記事を読むのに必要な時間は約15分です 目次 ドライバーの不満と警察庁の規制緩和 85パーセンタイルへの言及 現実的な速度データ シングルヘッド式超音波車両感知器 ダブルヘッド式超音波感知器 シングルヘッドどダブルヘ […]

飲酒運転クライシス – ファースト・インパクト

酒気帯び基準の大幅な引き下げとその罰則強化は、かえってひき逃げによる多数の犠牲者を発生させている。国家をあげてのプロパガンダによって、その実態は見えにくいが、警察庁がそれを正当化した根拠とその手法は、あまりにも稚拙である […]

飲酒運転クライシス – 完全版

飲酒運転がクローズアップされる本当の理由 飲酒運転の話題の前に、2003年にアメリカが強大な軍事力でイラクに介入したイラク戦争を思い出そう。 ― イラクに民主主義をもたらすために正義を遂行する― 『世界の警察官』を自称す […]