マイケル・ジャクソン故殺事件の捜索令状とロサンゼルス警察の宣誓供述書

このページは、三浦春馬氏の他殺疑惑と透明性ゼロの刑事司法の付属物です。

構成

一塊の書類は、ヒューストン警察のチャンス捜査官とロサンゼルス警察のマチネス捜査官が、裁判所に捜索令状求めた宣誓供述書とハリス郡裁判所の捜索令状である。

捜索令状 1pSEARCH WARRANT (District court of Harris County Texas )22nd July, 2009
押収品目録 1pS/W RETURN AND INVENTORY (HPD OFFICER E. Glen Chance)
捜索令状・宣誓供述書 3p SEARCH WARRANT AFFIDAVIT (HPD OFFICER E. Glen Chance)22nd July, 2009
捜索令状と宣誓供述書 18pSEARCH WARRANT and AFFIDAVIT (LAPD Officer Orlando Martinez)

なお、アメリカでの重大犯罪(felony)は、犯人であると認められる「相当な理由」(Probable cause)があれば、捜査官は、令状がなくても押収と身柄拘束ができる。

捜索令状 SERCH WARRANT

日本語訳

私はテキサス州ハリス郡の地方裁判所の裁判官です。ヒューストン警察麻薬課のE. G. チャンス司法警察職員(以下、宣誓供述人という)は、この日、私のところに宣誓供述書(添付あり。ロサンゼルス警察オーランド・マルチネス捜査官の宣誓供述書の目的すべてが採用されている)を持って、捜索令状を要求しました。そして、私は宣誓供述人に確証の根拠を質問し、次のことを確認した。宣誓供述書は、捜査令状発行に相当根拠(probable cause)があること、捜査および押収される人物・場所・物品が禁止されていないこと、判事の許可権限を超えていないことが明示されている。そして、捜査令状は適切な背景に基いて要求されている。

したがって、テキサス州ハリス郡ヒューストン2100W・18tb Street・337番にある倉庫を捜査し、次に示す物品を含む全てのアイテムを検索、押収、調査することをあなたに指示します。 請求記録・処方記録・輸送記録・領収書・医療記録(ハード・ソフト)・犯罪の委託に使用された道具および器具・マーレ―・コンラッド医師が前掲の犯罪を犯した証拠となり得る物品。

回収されたすべてのアイテムは、ハリス郡からカリフォルニア州の任意の郡に移送することが命じられています。

予め忠告しておきます。この令状を受け取る司法警察職員として、あなたはその目的のために、丸3日以内にそれを実行し、添付するフォームに記入後、それを返還をしなければなりません。

私が自分の名前を署名したことを証明するために、2009年7月22日3時に署名、入力、命令しました。

原文(英語)
WHEREAS, I am a District Court Judge in and for Harris County, Texas, and WHEREAS. E. G. Chance, a peace officer employed by the Houston Police Department Narcotics Division, hereafter called Affiant, came before me this day with a sworn affidavit ), requesting a search warrant; and WHEREAS I have made inquiry of the basis of said beliefs of the Affiant and find that; the affidavit sets forth substantial facts establishing that probable cause does exist for the issuance of a search warrant, that the person, place or thing to be searched and seized is not one which is prohibited nor beyond the authorization of this magistrate, and that the search is requested upon proper grounds.

THEREFORE, YOU ARE COMMANDED to search a self storage unit at 2100 W. 18tb Street, Unit #337, in Houston, Harris County, Texas, and search for, seize and examine all items including but not limited to, billing records, medication orders, transport receipts, billing receipts, medical records and computerized medical records, for implements and instruments used in the commission of a crime and for property or items constituting evidence of the offense of manslaughter that tend to show that Dr. Conrad Murray committed the said criminal offense.

It is Ordered that any items recovered may be removed from Harris County, where it was seized to any county in the State of California;

HEREIN FAIL NOT, as the peace officer to whom this warrant is delivered, you shall execute it without delay and within three whole days and due return make by faithfully completing the form attached hereto designated for said purpose.

SIGNED, ENTERED and ORDERED this the 22nd day of July, 2009, 3 oclock to attest to which I subscribe my name.

捜索令状と宣誓供述書 SEARCH WARRANT and AFFIDAVIT (LAPD Officer Orlando Martinez)の一部

相当な理由(STAMENT OF PROBABLE CAUSE)からの抜粋

2009年6月27日、スミス刑事と宣誓供述者(マチネス捜査官)は、マーレ―医師と彼の弁護士と面談しました。
マーレ―医師は過去約6週間、不眠症のジャクソンを治療してきました。彼は、ジャクソンの不眠治療のために、毎晩、リドカインで希釈した50 mgのプロポフォールを点滴でジャクソンに与えていました。
彼の死の2日前の2009年6月22日、彼はジャクソンに25 mgのプロポフォール、ロラゼップAM、ミダゾラムを与えました。ジャクソンはこの薬の混合物で眠ることができました。
2009年6月23日、彼はジャクソン LORAZEP AMとMIDAZOLAMのみを与え、プロポフォールを差し控え、ジャクソンは眠ることができました。
2009年6月25日、
01時30分頃、彼は再びプロポフォールなしで睡眠を誘発しようとし、ジャクソンにバリウムの10mgタブを与えました。
02時00分頃、ジャクソンは眠ることができなかったので、マーレ―医師は、2mgのロラゼパムを静脈注射した。
03時00分頃、ジャクソンは眠ることができなかったので、マーレ―医師は、2mgのミダゾラムを静脈注射した。
05時00分頃に、起きたままのジャクソンに対し、マーレ―医師は、2mgのロラゼップAMを静脈注射した。
07時30分頃に、起きたままのジャクソンに対し、マーレ―医師は、2mgのミダゾラムを静脈注射した。 マーレ―医師によれば、マーレ―が継続的にジャクソンのベッドサイドにいて、パルスオキシメータで観察していたという。

より精密な翻訳と原文

2009年6月27日、スミス刑事とあなたの宣誓供述者はマーレ―と彼の弁護士と面談しました。 マーレ―は、彼がジャクソンの主治医であると述べました。 マーレ―は過去約6週間、不眠症のジャクソンを治療してきました。彼は、ジャクソンの睡眠を助けるために、毎晩、リドカイン(XYLOCAINE)で希釈した50 mgのプロポフォール(DIPRIV AN)を点滴(IV)でジャクソンに与えていました。 マーレ―は、ジャクソンがPROPOFOL(DIPRIV AN)に依存している可能性があると感じ、ジャクソンを麻薬から引き離そうとしました。彼の死の2日前の2009年6月22日、彼はジャクソンに25 mgのプロポフォール(DIPRIV AN)、ロラゼップAM(ATIV AN)、ミダゾラム(VERSED)を与えました。ジャクソンはこの薬の混合物で眠ることができました。 2009年6月23日、彼はジャクソン LORAZEP AM(A TIV AN)とMIDAZOLAM(VERSED)のみを与え、PROPOFOL(DIPRIVAN)を差し控え、ジャクソンは眠ることができました。 2009年6月25日、01時30分頃に、彼は再びプロポフォール(DIPRIV AN)なしで睡眠を誘発しようとし、ジャクソンにバリウムの10mgタブを与えました。ジャクソンは眠ることができず、02時00分頃に、マーレ―は希釈後に2mgのロラゼパム(ATIV AN)をジャクソンに注射し、ゆっくりと彼のIVに押し込みました。ジャクソンはまだ眠ることができませんでした。03時00分頃に、マーレ―は希釈後に2mgのミダゾラム(VERSED)をジャクソンに投与し、これもゆっくりとIVに押し込みました。ジャクソンは起きたままで、05時00分頃に、マーレ―は希釈後、さらに2mgのロラゼップAM(A TIV AN)を投与し、ゆっくりと彼のIVに押し込みました。ジャクソンは起きたままで、07時30分頃に、マーレ―は希釈後、さらに2mgのミダゾラム(VERSED)を彼のIVに投与しました。 マーレ―は、彼が継続的にジャクソンのベッドサイドにいて、パルスオキシメータで彼を監視していると述べました。 DRによると。 マーレ―、パルスオキシメータはジャクソンの指に接続され、彼の脈拍と酸素の統計を測定しました。

ジャクソンは目を覚まし続け、約1040時間で、リドカイン(XYLOCAINE)で希釈した25mgのプロポフォール(DIPRIV AN)を点滴で点滴し、ジャクソンからの要求/要求を繰り返した後、マーレ―は最終的に投与しました。ジャクソンはついに眠りについた、そしてマーレ―は彼が彼を監視し続けたと述べた。約10分後、マーレ―はジャクソンの側を離れてトイレに行き、自分を和らげると述べた。 マーレ―は、最大約2分間部屋から出ていたと述べました。戻ったとき、マーレ―はジャクソンがもう呼吸していないことに気づきました。 マーレ―は、すぐに独身男性の心肺蘇生法(CPR)を開始しました。 マーレ―はまた、0.2mgのフルマゼニル(ANEXATE)をジャクソンに投与し、ジャクソンのパーソナルアシスタントであるMICHAEL AMIRWILLIAMSに携帯電話で助けを求めました。 マーレ―はWILLIAMSに到着し、緊急事態のために2階に警備員を送るように要求しました。 マーレ―はCPRを継続し、セキュリティの詳細の応答がない数分後、彼はジャクソンを離れ、ホールと階下のキッチンに駆け出しました。 マーレ―は、長男であるPRINCE ジャクソンを送り出すようにシェフに依頼し、CPRを継続するために戻ってきました。 P.ジャクソンは2階で応答し、セキュリティの詳細を呼び出しました。 ALBERTOALVAREZはマーレ―の助けを借りて、彼の携帯電話を介して911に電話をかけました。 マーレ―は、CPRを実施している間、救急車の到着を待ち、救急隊員の世話を引き受け、病院に同行しました。 マーレ―は、UCLA Medical Centerでジャクソンの治療を観察し、ジャクソンの死が宣告された後、家族に通知するのを手伝いました。 マーレ―は、自分が必要だとは知らなかったため、しばらくして退院しました。 マーレ―は、彼の医者のバッグがまだ住居にあり、あなたの宣誓供述書をジャクソンの住居内の正確な場所に向けたと付け加えました。

On June 27,2009, Detective Smith and your affiant met with MURRAY and his attorneys for an interview. MURRAY stated that he was JACKSON’s personal physician. MURRAY had been treating JACKSON for insomnia for approximately the past six weeks. He had been giving JACKSON 50 mg of PROPOFOL (DIPRIV AN), diluted with LIDOCAINE (XYLOCAINE), every night via intravenous drip (IV) to assist JACKSON in sleeping. MURRAY felt that JACKSON may have been forming an addiction to PROPOFOL (DIPRIV AN), and tried to wean JACKSON off of the drug. On June 22,2009, two days prior to his death, he gave JACKSON 25 mg PROPOFOL (DIPRIV AN), along with LORAZEP AM (ATIV AN), and MIDAZOLAM (VERSED). JACKSON was able to sleep with this mixture of medications. On June 23, 2009, he gave JACKSON LORAZEP AM (A TIV AN) and MIDAZOLAM (VERSED) only, withholding any PROPOFOL (DIPRIVAN), and JACKSON was able to sleep. On June 25,2009, at approximately 0130 hours, he again tried to induce sleep without the PROPOFOL (DIPRIV AN) and gave JACKSON a 1 Omg tab of VALIUM. JACKSON was unable to sleep and at approximately 0200 hours, MURRAY injected JACKSON with 2mg LORAZEPAM (ATIV AN) after dilution, pushed slowly into his IV. JACKSON was still unable to sleep. At approximately 0300 hours, MURRAY then administered 2mg MIDAZOLAM (VERSED) to JACKSON after dilution, also pushed slowly into his IV. JACKSON remained awake and at approximately 0500 hours, MURRAY administered another 2mg LORAZEP AM (A TIV AN), after dilution, pushed slowly into his IV. JACKSON remained awake and at approximately 0730 hours, MURRAY administered another 2mg ofMIDAZOLAM (VERSED), after dilution, into his IV. MURRAY stated he was continuously at JACKSON’s bedside and was monitoring him with a pulse oximeter. According to DR. MURRAY, the pulse oximeter was connected to JACKSON’s finger and measured his pulse and oxygen statistics.

JACKSON remained awake and at approximately 1040 hours, MURRAY fmally administered 25mg ofPROPOFOL (DIPRIV AN), diluted with LIDOCAINE (XYLOCAINE), via IV drip to keep JACKSON sedated, after repeated demands/requests from JACKSON. JACKSON finally went to sleep and MURRAY stated that he remained monitoring him. After approximately 10 minutes, MURRAY stated he left JACKSON’s side to go to the restroom and relieve himself. MURRAY stated he was out of the room for about 2 minutes maximum. Upon his return, MURRAY noticed that JACKSON was no longer breathing. MURRAY began single man cardiopulmonary resuscitation (CPR) at once. MURRAY also administered .2mg of FLUMANEZIL (ANEXATE) to JACKSON and called JACKSON’s personal assistant, MICHAEL AMIR WILLIAMS, with his cellular telephone for help. MURRAY reached WILLIAMS and requested that he send security upstairs for an emergency. MURRAY continued CPR and after a few minutes without the security detail’s response, he left JACKSON and ran out to the hall and downstairs to the kitchen. MURRAY asked the chef to send up PRINCE JACKSON, the eldest son, and returned to continue CPR. P. JACKSON responded upstairs and summoned the security detail. ALBERTO ALVAREZ went to the aid ofMURRA Y and called 911 via his cellular telephone. MURRAY waited for the ambulance’s arrival while conducting CPR, assumed care from the paramedics and accompanied them to the hospital. MURRAY observed the treatment to JACKSON at UCLA Medical Center and assisted in notifying the family after JACKSON’s death was pronounced. MURRAY left the hospital after a while because he did not know that he was needed. MURRAY added that his doctor’s bag was still at the residence and directed your affiant to its exact location inside of JACKSON’s residence.

相当な理由(STAMENT OF PROBABLE CAUSE)からさらに抜粋

あなたの宣誓供述者は、2009年6月25日の早朝にマーレ―医師の携帯電話の記録を入手しました。彼の供述の中で、マーレ―医師は、ジャクソンが呼吸していないことに気付いた時間は11時00分頃であると推定しました。 マーレ―医師の携帯電話の記録には、電話でマーレ―医師が表示され、3人の別々の発信者が11時18分から12時05分まで約47分間表示されます。MURRAYは刑事にこのことを言及しませんでした。あなたの宣誓供述者は、ドクターバッグと消耗品の捜索令状を作成し、2009年6月29日、裁判官C. OLMEDOは、キャロルウッドドライブ・100Nにあるジャクソンの住居の捜索令状を発行しました。捜査員は捜索令状を示し、リドカイン(XYLOCAINE)、プロポフォール(DIPRIV AN)、LORAZEP AM(ATIVAN)、ミダゾラム(VERSED)、それからフルマゼニル(ANEXATE)の入ったボトルを回収しました。

原文(英語)
Your affiant obtained MURRAY’s cellular telephone records for the early morning hours of June 25, 2009. In his statement, MURRAY estimated the time that he noticed JACKSON was not breathing to be at approximately 1100 hours. MURRAY’s cellular telephone records show MURRAY on the telephone, with three separate callers for approximately 47 minutes starting at 1118 hours, until1205 hours. MURRAY did not mention this to the interviewing detectives. Your affiant authored a search warrant for the doctor’s bag and supplies and on June 29, 2009, the honorable Judge C. OLMEDO issued the search warrant for JACKSON’s residence at 100 N. Carolwood Drive. Investigators served the warrant and recovered multiple bottles/vials of LIDOCAINE (XYLOCAINE), several bottles/vials of PROPOFOL (DIPRIV AN), bottles/vials of LORAZEP AM (ATIVAN), bottles/vials of MIDAZOLAM (VERSED), and bottles/vials of FLUMAZENIL (ANEXATE). None of these items were labeled as prescribed to any patient.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です