一時停止違反の検挙件数とその場所の事故発生件数

神奈川県警察戸部警察署がひんぱんに一時停止違反の取締りをおこなう場所に対し、検挙件数の情報開示を求めた。
併せて、同じ場所で過去10年間に発生した事故件数を請求した。

情報公開請求

戸部警察署がひんぱんに一時停止違反を取締っている横浜三井ビル前の横断歩道上での一時停止違反検挙件数。なお、取締りは行政裁量で行うものであり、犯罪捜査とは異なることを前提として、公開することを求める。

情報公開請求

戸部警察署がひんぱんに一時停止違反を取締っている横浜三井ピル前の横断歩道上での事故発生件数。ただし、記録のある限り、年毎の数値が分かるものであること。また、1件も発生していなければ年毎にゼロが記してあること。

Follow me!

一時停止違反の検挙件数とその場所の事故発生件数” に対して2件のコメントがあります。

  1. webpbi より:

    上記請求に対し、神奈川県警察は、双方とも公開拒否を決定した。

    事故発生件数に対する拒否理由

    神奈川県情報公開条例第8条並びに第5条第4号及び第6号該当
    (理由)
    特定の交通違反取締り場所に関する情報は、神奈川県情報公開条例第5条第4条に規定する交通違反取締り事務に支障を及ぼすおそれのある情報及び同条第6号に規定する犯罪の予防、捜査等に支障を及ぼすおそれのある情報に該当し、本件公開請求に掛かる文書が存在しているか否かを答えるだけで、非公開情報を公開することとなることから、同条例第8条の規定により文書の存否自体を回答することができません。

  2. webpbi より:

    取締り件数に対する拒否理由

    神奈川県情報公開条例第8条並びに第5条第4号及び第6号該当
    (理由)
    特定の交通違反取締り場所に関する情報は、神奈川県情報公開条例第5条第4号に規定する交通違反取締り事務に支障を及ぼすおそれのある情報及び同条第6号に規定する犯罪の予防、捜査等に支障を及ぼすおそれのある’情報に該当し、本件公開請求に係る文書が存在しているか否かを答えるだけで、非公開情報を公開することとなることから、同条例第8条の規定により文書の存否自体を回答することができません。

コメントは受け付けていません。

前の記事

行政事件訴訟弁論3回目

次の記事

コメントの仕様変更