組織犯罪が野放しの日本

統一教会の問題が報道されたことから、霊感商法、悪徳商法、など、大量の外交員を動員しての組織犯罪は、いつも被害が甚大となるまで認知すらされない。

この記事は、前半に、問題組織に潜入取材した内容。後半に、組織犯罪を追及しない社会の問題点を指摘する。

宗教二世とパチスロ二世

宗教に溺れた親によって不幸になった子供は、宗教二世と呼ばれる。パチスロに溺れた親の影響を受けたぼくは、パチスロ二世だ。 宗教二世である山上徹也のヒーロー化を防ぐためなのか、マスメディアは、前首相の安倍氏を殺害した動機を掘 […]

正義も希望もない犯罪放置国家

日本から正義が失われたのは2006年だ。 1990年代後半から、日本は『希望のない国』と揶揄され、変革を求める強い世論があった。しかし、国は見せかけの変革に留めた。看板の掛け替えに終わった省庁再編がいい例だ。その年、20 […]

ニセコの土地転がしに係る汚職疑惑を告発

蘭越町の前町長・現町長・副町長らによる背任の疑惑 2023年3月27日、ニセコ観光圏を形成する蘭越町の町長・副町長らによる背任の疑惑を告発する告発状を、倶知安警察署に提出しました。 警察が告発を受理したら、告発状の最終版 […]

三浦春馬氏の自殺偽装に文春と警察とアミューズが関与した可能性

この記事では、三浦春馬氏の遺書として扱われたノートに着目することにより、週刊文春と警察とアミューズが自殺偽装に加担した可能性を指摘する。その目的は、犯罪死の見逃しを防止するためである。なお、過去の記事を再編集した箇所が含 […]