多発する警察官の拳銃自殺

危ない警察

この記事は、模倣自殺の防止(2次的対応)よりも、抜本的な自殺防止を優先します。抜本的な自殺防止とは、自殺した故人がなぜ死を選んだかを明らかにすることにより、自殺の原因(多くの場合いじめ)を取り除くことです。そうすることによって、同じような悲劇を未然に防ぐことが可能となります。

そのために、自殺という言葉、自殺に用いた手段、自殺が発生した場所に関する描写を、改変せず、そのまま残します。

警察は閉鎖されたピラミッド型組織

公安委員会を盾にすることで、外部(民主的な政治)を遮断し、官僚が地方自治を牛耳って運営されるピラミッド型の巨大組織が日本の警察組織である。軍隊と同じ厳格な階級制度で内部統制が行われ、ほとんどの警察官が生涯を一警察官として終える覚悟で働いている。それらを統制する権限は、ピラミッドの頂点にいる警察庁長官に集約されている。

軍隊同様の階級制度と規律の徹底

いさましい軍歌(陸軍分列行進曲)の下、機動隊が訓練の成果を警視総監に披露する式典。一糸乱れず行進する様は、規律が厳格視されていることがうかがわれる。

警視総監が機動隊の訓練成果を観覧する式典

文民統制できない警察組織

軍隊は「戦力」、警察は「警察力」を行使できる実力組織である。軍隊は国外、警察は国内の有事に対応するが、どちらもの国家体制の存立を担保する強制装置であることに変わりはない。ただし、国家との指揮関係において、軍隊(自衛隊)と警察の間には大きな違いが存在する。

軍隊(自衛隊)

世界には軍隊主導の軍事政権が多々存在し、日本でも軍隊のクーデター未遂事件が起きていることから、軍隊に対しては、 シビリアン・コントロール(文民統制) あるいは議会支配といった言葉で、民主的にコントールする必要性が一般に認知されている。

現実として、自衛隊の指揮権は、内閣総理大臣と防衛大臣(国務大臣)にあることが自衛隊法第2章に明文化されている。

警察

一方、警察に対し、 内閣総理大臣と国家公安委員長(国務大臣) は平時の指揮権を持っていない。国家公安委員会が介在するからだ。つまり、警察組織に対し、シビリアン・コントロール(文民統制)が及んでいるとはいい難いのである。

軍隊と同じ実力組織の警察にシビリアンコントールが働いていないことは、警察が暴走するリスクをはらんでいる。

マフィアと同等のガバナンス

警察組織のガバナンスの特徴として、「服従の掟」と「沈黙の掟」とを挙げることができる。「服従の掟」とは、上位構成員には完全に従うということを意味し、また、「沈黙の掟」とは、組織内部のことを決して外部に漏らしてはならないということを意味するものである。もし、上位構成員の命令に従わなかったり、また、警察内部の問題を外部に漏らしたりするなどして、これらの掟に背いた場合には、陰湿なイジメが行われる。これらの掟の存在により、警察組織の問題解明は非常に困難なものとなっている。

上の文章は、警察庁が海外の組織犯罪の状況を示した文章中の「マフィア」を「警察」に置き換えたものだ。(原文:平成1年警察白書 > 第4節 海外の組織犯罪の現状と対策

なお、掟(おきて)とは不文律が常だ。マフィアも警察も 「服従の掟」と「沈黙の掟」 を額縁に入れて飾っているわけではないのである。つまり、内部管理を徹底させる手法をシンボル化するために「服従の掟」や「沈黙の掟」という言葉が使われているに過ぎない。

なぜ警察官は組織のなかでけん銃自殺をするのか

「沈黙の掟」を破った警察OB
当時、退職警官の暴露情報はいくつもあった。そのなかで、北海道警察たたき上げながら警察署長を務めたOBの原田宏二氏は、警察署長時代の実体験として裏金作りを生々しく暴露し、注目を集めた。

原田宏二氏は、警察の鉄壁な内部管理体制を「鉄のピラミッド」と記している。鉄のピラミッドのなかで、どうやらマフィアのような粛清は行われていないようだ。しかし、後述する自殺した警察官らの遺書には、陰湿ないじめの存在が示されている。

鉄のピラミッド
鉄のピラミッド

ここでまず、どれほど多くの警察官が、警察の建物内で、組織から貸与された拳銃を使い、自分の頭を打ち抜いて自殺したのか、2006年以降の自殺警官らの傾向を確認したい。

2021年は3人が拳銃で頭を打ち抜いて死亡

事件の概要事件のアーカイブ
日付 都道府県 発生場所 当事者 手法 態様
20210918 静岡県警 沼津署署内の更衣室 警務課警務係巡査部長(45) 拳銃で頭部射撃 自殺
20210611 福島県警 田村警察署の屋上 交通課の壱岐明日真巡査(21) 拳銃で頭部射撃 自殺
20210217 茨城県警 牛久署5階のトイレ 自動車警ら隊の男性巡査長(29) 拳銃自殺 自殺
20201114 兵庫県警 自宅集合住宅 兵庫警察署地域課の50歳の警察官 飛び降り 自殺
20201012 警視庁 目白署地下倉庫 40代の男性警部補 未発表 自殺
20201009 長崎県警 自宅 佐世保署交通課の警部補(41) 遺書残し自殺 自殺
20200708 警視庁 千代田区富士見の路上 第5機動隊男性巡査長巡査長(25) 拳銃で頭部射撃 自殺
20180411 滋賀県警 彦根署河瀬駅前交番 地域課巡査(19) けん銃で同僚を射殺 他殺
20170606 福岡県警 自宅 通信指令課中田充巡査部長(38) 絞殺 他殺
20160724 警視庁 原宿警察署野敷地内 生活安全課警部補(37) 飛び降りか 自殺か
20161119 愛知県警 瀬戸署内拳銃保管室 交通課巡査長(37) 拳銃で頭部射撃 意識不明の重体
20160312 神奈川県警 泉署1階男性トイレ 地域課の古関耕成巡査(25) 拳銃で頭部射撃 自殺
20150124 大阪府警 交際相手の自宅集合住宅 阿倍野署巡査長(26) 絞殺 他殺
20151006 兵庫県警 機動隊の独身寮内 機動隊木戸大地巡査(24) 首吊り 自殺
20150928 兵庫県警 機動隊の独身寮内 機動隊山本翔隊員(23) 首吊り 自殺
20150904 埼玉県警 資産家宅 地域課中野翔太巡査部長(31) 絞殺 他殺
20151027 千葉県警 船橋署法典交番裏の空き地 地域課山田泰士巡査(29) 拳銃で頭部射撃 自殺
20140413 埼玉県警 蔵前署の関口卓弥巡査(24)宅 田無署間宮陽子巡査(24) 腹を刺され死亡 2人とも死亡
20140215 警視庁 蒲田署1階の男子トイレ 地域課角田芳樹巡査長(44) 拳銃で頭部射撃 自殺
20130226 千葉県警 東金署東金駅前交番 西村高一巡査部長(56) 拳銃で頭部射撃 自殺
20120319 千葉県警 流山署地域課の男性巡査 地域課巡査(19) 拳銃で頭部射撃 自殺
20110917 岩手県警 盛岡西署の1階男子トイレ 地域課の藤川亨警部補(32) 拳銃で頭部射撃 自殺
20101029 愛知県警 中警察署内 地域課米山雄司巡査 拳銃で頭部射撃 自殺
20090406 福岡県警 若松署内拳銃保管庫 総務課の男性警部補(30代) 拳銃で頭部射撃 意識不明の重体
20080210 栃木県警 真岡署益子交番の2階トイレ 地域課の柏倉盛行巡査長(27) 拳銃で頭部射撃 自殺
20080712 広島県警 因島署三庄北駐在所の車庫 巡査部長男性(56) 拳銃で頭部射撃 自殺
20080708 京都府警 三山木交番のトイレ 田辺署地域課の本間隆章警部補(55) 拳銃で頭部射撃 自殺
20080425 千葉県警 成田空港敷地内の警備事務所トイレ 成田国際空港警備隊松井伸幸巡査(25) 拳銃で頭部射撃 自殺
20080424 神奈川県警 加賀町署3階の更衣室 刑事課の巡査部長(51) 拳銃で頭部射撃 自殺
20071219 警視庁 丸の内警察署東京駅前交番 大西泰正巡査部長(36) 拳銃で頭部射撃 死亡
20071213 栃木県警 真岡署益子交番の2階仮眠室 地域課の巡査(23) 拳銃で腹部射撃  
20070821 警視庁 被害女性宅 地域課巡査長 銃撃 2人とも死亡
20070722 埼玉県警 警本部地下1階の男子トイレ 県警機動隊の男性巡査(23) 拳銃で頭部射撃 自殺か
20070604 島根県警 出雲署一階の女性用仮眠室 地域課勤務の女性巡査長(25) 拳銃で頭部射撃 自殺か
20070118 福岡県警 博多署6階の資料室の窓から転落 博多署中洲特捜隊の男性巡査(28) 飛び降り 死亡
20060611 福島県警 田村署の屋上 壱岐明日真巡査(21) 拳銃で頭部射撃 自殺
日付 都道府県 概要 wayback
20210918 静岡県警 なぜ?警察官が拳銃自殺 静岡・沼津警察署 wayback
20210611 福島県警 男性巡査が拳銃自殺か、福島 wayback
20210217 茨城県警 警察官が署内で拳銃自殺か 茨城県警、29歳男性巡査長 wayback
20201114 兵庫県警 神戸市灘区の集合住宅 兵庫県警の警察官が飛び降り自殺か wayback
20201012 警視庁 目白署の警部補、署内で死亡 出勤後に自殺か―警視庁 wayback
20201009 長崎県警 警官自殺、上司2人のパワハラ示唆 長崎県警佐世保署 wayback
20200708 警視庁 【東京の路上で若手警官が拳銃自殺】朝鮮総連担当の巡査長(25)が漏らしていた「辞めたい、死にたい」 wayback
20180411 滋賀県警 19歳同僚巡査を殺人容疑で逮捕 交番で警官撃たれ死亡 wayback
20170606 福岡県警 元警察官に二審も死刑判決 福岡の母子3人殺害、無罪主張退ける wayback
20160724 警視庁 原宿署で警察官飛び降り自殺か wayback
20161119 愛知県警 巡査長が署内で拳銃発射、頭部負傷し重体 愛知県警 wayback
20160312 神奈川県警 署内のトイレ個室で…男性巡査が拳銃自殺 神奈川県警、昨年2月に採用の25歳 wayback
20150124 大阪府警 不倫の末、交際女性殺害の元大阪府警巡査長に懲役18年判決 「殺意、執拗で悪質」 wayback
20151006 兵庫県警 出張中に「宴会で裸踊り」「フィリピンパブ」 隊員連続自死で判明した兵庫県警機動隊の退廃した幼児体質 wayback
20150928 兵庫県警 自殺相次ぐ兵庫県警機動隊の陰険体質――「精神ボロボロ」の新人隊員を怒涛の「指導」攻撃で追い詰める wayback
20150904 埼玉県警 埼玉県警察浦和警察署警察官による資産家強盗殺人事件 wayback
20151027 千葉県警 交番裏で巡査が拳銃自殺 船橋 wayback
20140413 埼玉県警 24歳巡査、交際女性警官刺殺し飛び降り自殺か…遺書見つからず wayback
20140215 警視庁 警視庁巡査長が拳銃自殺か 東京・大田の蒲田署内 wayback
20130226 千葉県警 巡査部長が拳銃自殺 東金の交番 wayback
20120319 千葉県警 拳銃自殺図り19歳警官が重体 千葉・流山 wayback
20110917 岩手県警 盛岡西署で警官が拳銃自殺 wayback
20101029 愛知県警 新人警察官が配属2か月めに署内トイレで拳銃自殺――「息子は警察に殺された」現職警官・父が語る、愛知県警のイジメ体質 wayback
20090406 福岡県警 警察署内で警部補が拳銃自殺、意識不明の重体…福岡・若松署 wayback
20080210 栃木県警 <拳銃自殺>栃木県警巡査長が交番で 12月にも巡査が自殺 wayback
20080712 広島県警 駐在所員が拳銃で自殺 wayback
20080708 京都府警 田辺署の警官が拳銃自殺図る wayback
20080425 千葉県警 25歳の男性巡査が拳銃自殺 成田空港の警備事務所 wayback
20080424 神奈川県警 巡査部長 拳銃使い警察署内で自殺 wayback
20071219 警視庁 警察官が拳銃で自殺 JR東京駅前交番で wayback
20071213 栃木県警 <拳銃自殺>栃木県警巡査長が交番で 12月にも巡査が自殺 wayback
20070821 警視庁 ストーカー警官が制服で相手宅に侵入し拳銃で殺害 wayback
20070722 埼玉県警 トイレで、機動隊23歳巡査が拳銃自殺 wayback
20070604 島根県警 出雲署で25歳女性巡査長が拳銃自殺 wayback
20070118 福岡県警 警官自殺「労災認定」-パワハラの有無は説明なし/福岡 wayback
20060611 福島県警 男性巡査が拳銃自殺か、福島 wayback

2006年以降に発生した警官の自殺と他殺

警察組織から貸与された銃を使って、警察組織内に血肉と脳髄をまき散らして死ぬことが、警察組織に対する抗議の自殺であることは明白だ。遺書の有無にかかわらず、後始末に多大な迷惑をかける死に方を選んだこと自体が、最大で最後の抵抗だったのだろう。

遺書により、組織内でのいじめが発覚し、遺族が国家賠償を提起したケースも存在する。

このように衝撃的な自殺の頻発が常態化してるにもかかわらず、警察組織自らその原因と向き合った形跡はない。遺族が裁判で争ったケースで露呈しているのは、警察組織の隠ぺい体質である。

「服従の掟」と「沈黙の掟」 を示す証言

ところで、前出の原田宏二氏は、警察組織の問題を次のように指摘している。

 最大の権力機関である警察をチエックするべき機関が機能していないこともその大きな原因であるが、鉄のピラミッドとも称される警察の鉄壁な内部管理体制があったから、長年にわたり隠蔽できたのであり、現在に至るもその実態が解明できないのである。
 この内部管理体制を支えているのは、階級制度である。警察官の階級は、上は警視総監から下は巡査まで9つの階級がある。上位の階級にある幹部と部下の関係は絶対服従の上下関係にある。その指示は絶対であり、下意上達の道は閉ざされている。その上、警察官には労働基本権は認められていない。「崇高な治安維持の使命のために」という大義名分の下に、金くれ、物くれ、休みくれの要求は、タブー視されている。なかでも、警察の最大の恥部、裏金システムの存在を口にすることは、警察組織から排除されることを意味している。

陳述書 平成18年8月11日 原田宏二

原田氏の指摘は、「服従の掟」と「沈黙の掟」 といえるルールが警察内部で運用されていることを示している。同時に、警察組織とマフィアのガバナンスが同等であることを肯定している。

警察不祥事の多発/変わらぬ警察

警察発表のウソが次々に露呈した世紀末

1999年10月から年末にかけて、桶川ストーカー殺人事件と栃木リンチ殺人事件が発覚した。いずれも、警察の捜査の問題があったこと、警察発表と現実が異なっていたことなどから、大きな批判がおこった。

桶川ストーカー殺人事件

当時21歳の女子大生が、交際相手らに度重なるストーカー行為受け続けた挙句、桶川駅前で刺殺された事件。初期報道において、警察が、女子大生の所持品に「グッチの腕時計」「プラダのリュックサック」があると異例の発表が、「放蕩女性が事件に巻き込まれた(殺されたのは女性にも原因がある)」かのような初期報道につながった。

写真週刊誌『FOCUS』と報道テレビ番組『ザ・スクープ』の調査報道により、埼玉県警上尾署が被害者と家族からの被害相談を極めてずさんに扱っていたことが明らかとなった。

3人の懲戒免職者を含む15人が処分された警察不祥事であり、被害者と遺族への報道被害事件としても注目された。

栃木リンチ殺人事件

栃木県警の警部補の子息Sをリーダーとするリンチ殺人事件。殺害される前、被害者の両親が9回もの捜査依頼を受けながら、栃木県警はこれを事件扱いしなかった。

リンチによる傷があまりにひどいので、発覚を恐れたSは被害者を首を絞めて殺害し、山林に埋め、その穴にコンクリートを流しこんだ。

共犯者の自首により、ようやく事件とされ、被害者は変わり果てた姿で発見された。

しかし、警察発表に「リンチ」があったことは示されず、被害者は「元暴走族」とされた。新聞が、警察発表をそのまま報道したため、事件発覚当初、世論の関心をひくことはなかった。

公判を傍聴した地元紙の記者が、警察発表と乖離した事実関係と事件の凄惨さに衝撃を受け、県警の不手際を報じた。その後、写真週刊誌やテレビが後追い報道をするようになり、全国的な関心を呼ぶに至った。

2000年2月には、新潟で「9年2か月前に行方不明になっていた少女が保護された」という衝撃的なニュースが報道された。

新潟少女監禁事件

少女A(当時9歳)が加害者S(当時28歳)により誘拐され、約9年2か月間にわたり加害者宅の一室に監禁された事件。

Sは女児への強制わいせつ事件の前科があったが、県警の前歴者リストには登録されていなかった。

Sの母親と同居する母親が「Sの家庭内暴力に悩んでいる」と相談を受けた保健所の職員らが、現場の住宅を訪れた、2階Sの部屋で、19歳になっていた少女Aを発見・保護した。

新潟県警は、少女Aを保護したのが警察官が公園で保護したと発表したが、保護した場所が加害者宅で、保護したのが保健所職員であったこと、さらに、保健所職員が出動要請を警察が断っていたことが発覚した。

新潟少女監禁事件においても、保護されたとき状況が警察発表のウソが次々と発覚したことが、警察批判を増長した。また、少女が発見された当日、県警本部長が報告を受けたにも関わらず、関東管区警察局長とホテルで接待を継続していたことが発覚し、警察批判はさらに膨張した。

さらには、本部長は、自ら責任を取る意思がなく、麻雀では「図書券を賭けた」という白々しい釈明が世論の批判に油を注いだ。そうして、国民の警察不信は頂点に達した。そして、警察の抱える問題点を議論するために有識者からなる『警察刷新会議』が発足した。

その後も全国的な裏金・不正経理疑惑が次々に発覚

裏金・不正経理疑惑は、「警察刷新に関する緊急提言」後の発生した。

2003年の北海道警を皮切りに、埼玉県警(2004)、愛媛警察(2005)、岩手県警・千葉県警(2008)、滋賀県警(2009)、福井県警・広島県警・山形県警(2010)で発覚した。

「服従の掟」と「沈黙の掟」を同時に破った現職警察官
当時愛媛県警の巡査部長であった仙波敏郎氏は、現職の警察官でありながら、記者会見で県警の裏金作りを暴露した。愛媛県警は、仙波氏を閑職に異動させた。仙波氏は組織に留まり、国家賠償請求を起こした。のちに裁判所は仙波氏の異動が不当であったことを認めた。
仙波死の異動が「服従の掟」と「沈黙の掟」を破ったことに対する組織の報復人事であることを否定する人はいないはずだ。

「警察刷新に関する緊急提言」は骨抜き

公安委員会

「警察刷新に関する緊急提言」のなかで、組織中枢に改革を求めた箇所は「第5 公安委員会の活性化を」ただひとつである。そして提言は、公安委員会の警察に対する『管理(警察法5条4項)』を「大綱方針を決めること」と定義した。これによって、公安委員会の権限は大きく制約されたことになるが、上級行政庁としてのタテマエはそのままとされた。

「大綱方針を決めること」 とは、「個別具体的な判断をしないこと」に一致する。つまり、公安委員会に一般的な意味での管理者権限はない。それなのに、警察法上では 『管理』 をしていることになったのである。

アンタッチャブル

公安委員会

警察刷新会議の最終提言から10数年が経ったが、いまだ、警察庁にも都道府県警察本部にも、公安委員会の独自スタッフはひとりも存在していない。それどころか、専用の電話回線さえ保有していない。公安委員会に電話をしても、電話に出るのは公安委員会に管理されているはずの警察官である。

警察を管理するはずの公安委員会の事務を、管理されているはずの警察官が行っているのだから、まるでブラックジョークだ。

untouchables
暴力団リスクを煽り芸能界に天下る警察官僚の鉄面皮

組織的な裏金づくりを警察は最後まで認めなかった

裏金疑惑は、全国の警察で、より中枢に発生した組織犯罪の疑惑である。それゆえ、上掲3つの事件以上に抜本的な対策が必要であった。しかしながら、警察は、裏金・不正経理疑惑を組織全体の問題として認めなかった。だから、原因解明もしていないし、防止策も講じられていない。また、裏金疑惑の前に提言された「警察刷新に関する緊急提言」の効果がレビューされることもなかった。

そして大衆は、経済犯罪にあまり興味を持たなかった。やがて、裏金・不正経理疑惑の追及もフェードアウトし、改革を求める声も次第に風化した。

変わらぬ警察の中で増加する拳銃自殺

そして現在、警察組織は、不祥事が多発していた頃と同じ組織構造、同じガバナンスで動いている。そこで発生する壮絶な拳銃自殺は、警察組織に絶望した警察官らが、命を引き換えに為した内部告発といってよいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

警察組織の問題の記事リスト

多発する警察官の拳銃自殺

危ない警察

この記事は、模倣自殺の防止(2次的対応)よりも、抜本的な自殺防止を優先します。抜本的な自殺防止とは、自殺した故人がなぜ死を選んだかを明らかにすることにより、自殺の原因(多くの場合いじめ)を取り除くことです。そうすることに […]

公安委員会に実態はない

公安委員会

民主主義国家においては、規制をする側は、規制される側の意見に耳を傾ける必要がある。しかし、日本で交通規制の権限を牛耳る警察に、ドライバーとライダーの意見を聞く耳はない。 図表に示したとおり、警察が実態のない公安委員会に責 […]

警察への苦情は無駄

警察の病理

公安委員会に実態はないにも示した通り、警察には組織の中枢に問題がある。 それなのに、警察官僚は決してその問題を認めようとしない。そして、枝葉に起きる不祥事に対し、次の言葉を繰り返すばかり。 「警察官としてあるまじき行為で […]

取り締まりのための取り締まりがなくならない理由

ITS☆ザ☆情報土木

警察官が速度取締りを正当化する論拠は次の3つである。 速度規制は適正である。 取締り区間において、悲惨な事故が発生した、ないし交通事故が多発している。 交通事故をなくすため、ないし減らすために交通取締りを行っている。 速 […]

交通安全運動の目的は警察権威の回復

交通安全運動

交通安全運動の目的は、以前は警察権威の回復であった。現在の主たる目的は、「取締りによって事故が減った」という警察発表を裏付けるデータを作ることである。 全国一律の取り締まりノルマ 交通取締りにノルマが存在することを、神奈 […]

黒幕は警察庁(地方自治に寄生する警察)

警察庁の全国支配

おおくの都道府県において、県庁の庁舎より警察本部の庁舎の方が立派だ。市町村が古い庁舎で我慢しているのに、警察署がやたらと立派なケースも少なくない。 こうなってしまうのは、警察の運営に関する権限が都道府県にも市町村にも存在 […]

闇の警察署長

警察署の署長には、相当な権限が委ねられている。しかし、芸能人の一日警察署長が脚光をあびることはあっても、警察署長本人が表舞台に出ることはほとんどない。また、警察署長が、地域の治安にかかわる権限をゆだねられた部署の長として […]

政治家が警察の問題を放置する理由

内閣

本当の内閣 「箸の上げ下げを規制する」 わが国はこう揶揄されるほどの規制大国である。 ほとんどの法律と、すべての例規をお役人(官僚)が創る。また、お役人の責任を排除するため、何かあればすぐに規制する。そうすることによって […]