メディア仕掛けの社会秩序

逮捕するぞ

「逮捕するぞ、逮捕するぞ」と元気な警察官のキャラクターが赤塚不二夫のマンガにある。 そして、現実社会でも、逮捕の必要性に首を傾げたくなるような些細な事案で、警察官は、逮捕権を乱発している。

法による制裁 < 逮捕による制裁

マスメディアは、警察から逮捕者の情報提供を受け、これをニュースとして扱う。そうして、実名で報道された逮捕者は、報道による事実上の制裁を受けることになる。

言わば『見せしめ検挙』による事実上の制裁が、法による制裁よりも、現実的な制裁として機能しているのである。

問題なのは、犯罪種別により補足率格差が極めて大きいことだ。例をあげれば、交通犯罪はもれなく捕捉され、レイプや経済犯罪は、ほとんど捕捉されない。次の画像のタブを切り替えて、比較してほしい。

交通犯罪の認知率レイプ(性犯罪)の認知率背任・汚職の認知率
交通事犯の認知率
レイプの認知率
背任・汚職の認知率

つまり、逮捕・報道される事件が、警察のさじ加減によって決まっているのである。

検挙が困難な重要犯罪⇔検挙が簡単な交通違反

そして警察は、『検挙』が簡単な交通違反の取り締まりに対し、莫大な警察力を配分している。

はたして事件は解決したのか?

警察統計において、殺人事件の犯人逮捕も、シートベルト違反の反則処理も、ひとつの『検挙』だ。逮捕については、検察が起訴/不起訴も、裁判所の有罪/無罪は関係ない。逮捕さえすれば、検挙1がカウントされる。そして警察は、それら検挙を、犯罪捜査規範における「事件解決」として扱う。

その結果、些細な事案に逮捕者(見せしめ検挙)を量産する一方で、自殺や事故を偽装した殺人ほか、捜査が困難な重大犯罪の見逃しが横行している。

さらに太刀が悪いのは、警察庁が『大きな網』を使っていることだ。警察庁は、道路交通法を所管し、事実上の規制権を持ち、そこで『大きな網』を使って、些細な交通違反さえ検挙対象としている。そして警察は、悪質性の低い交通違反ばかりを『検挙』している。

悪質性の高い犯罪はザル状態

大きな網』を使っての『見せしめ検挙』に治安の効果はないに等しい。それなのに、警察は、まるで大事件を未然に防いでいるかのような自画自賛を何十年も続けている。

最悪なのは、網にかかりやすいサカナたちに限りのある警察力が注がれる結果、犯罪常習者の行う捜査が困難で悪質性の高い犯罪への対応がザル状態となっていることだ。

大きな網

そして、日本は正義も希望もない犯罪放置国家となった。

正義も希望もない犯罪放置国家
正義も希望もない犯罪放置国家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

警察組織の問題の記事リスト

メディア仕掛けの社会秩序

逮捕するぞ

「逮捕するぞ、逮捕するぞ」と元気な警察官のキャラクターが赤塚不二夫のマンガにある。 そして、現実社会でも、逮捕の必要性に首を傾げたくなるような些細な事案で、警察官は、逮捕権を乱発している。 目 次 1 法による制裁 < […]

多発する警察官の拳銃自殺

危ない警察

この記事は、模倣自殺の防止(2次的対応)よりも、抜本的な自殺防止を優先します。抜本的な自殺防止とは、自殺した故人がなぜ死を選んだかを明らかにすることにより、自殺の原因(多くの場合いじめ)を取り除くことです。そうすることに […]

公安委員会に実態はない

公安委員会

民主主義国家においては、規制をする側は、規制される側の意見に耳を傾ける必要がある。しかし、日本で交通規制の権限を牛耳る警察に、ドライバーとライダーの意見を聞く耳はない。 図表に示したとおり、警察が実態のない公安委員会に責 […]

警察への苦情は無駄

警察の病理

公安委員会に実態はないにも示した通り、警察には組織の中枢に問題がある。 それなのに、警察官僚は決してその問題を認めようとしない。そして、枝葉に起きる不祥事に対し、次の言葉を繰り返すばかり。 「警察官としてあるまじき行為で […]

取り締まりのための取り締まりがなくならない理由

ITS☆ザ☆情報土木

警察官が速度取締りを正当化する論拠は次の3つである。 速度規制は適正である。 取締り区間において、悲惨な事故が発生した、ないし交通事故が多発している。 交通事故をなくすため、ないし減らすために交通取締りを行っている。 速 […]

交通安全運動の目的は警察権威の回復

交通安全運動

交通安全運動の目的は、以前は警察権威の回復であった。現在の主たる目的は、「取締りによって事故が減った」という警察発表を裏付けるデータを作ることである。 全国一律の取り締まりノルマ 交通取締りにノルマが存在することを、神奈 […]

黒幕は警察庁(地方自治に寄生する警察)

警察庁の全国支配

おおくの都道府県において、県庁の庁舎より警察本部の庁舎の方が立派だ。市町村が古い庁舎で我慢しているのに、警察署がやたらと立派なケースも少なくない。 こうなってしまうのは、警察の運営に関する権限が都道府県にも市町村にも存在 […]

闇の警察署長

警察署の署長には、相当な権限が委ねられている。しかし、芸能人の一日警察署長が脚光をあびることはあっても、警察署長本人が表舞台に出ることはほとんどない。また、警察署長が、地域の治安にかかわる権限をゆだねられた部署の長として […]