政治家が警察の問題を放置する理由

内閣

本当の内閣

「箸の上げ下げを規制する」
わが国はこう揶揄されるほどの規制大国である。

ほとんどの法律と、すべての例規をお役人(官僚)が創る。また、お役人の責任を排除するため、何かあればすぐに規制する。そうすることによって、「守らない方が悪い」と責任を転嫁できるからだ。

政治家は大臣の椅子に座らせて、責任を押し付けられているだけだ。大臣という役職が名誉なことだから、政治家が喜んでいるに過ぎない。

お役人は、何でもかんでもに法令に織り込み、法体系全体をどんどん複雑にする。法律を複雑で難解にすればするほど、その法律分野の専門家でなければ、全容を理解できなくなる。そうして政治家を手玉にとり、政策はもちろん、立法においても官僚が主導権を握るのである。そうした難解な法律の代表が政治資金規制法と公職選挙法である。

政治資金規制法と公職選挙法には、グレーゾーンが多く存在する。どの政治家も詳細に調べ上げられれば、大小の違反があるという。つまらぬ違反で失脚したくない政治家は、警察ネタに関与しようとはしない。

1999-2000年の警察不祥事においても、警察改革の旗を振る政治家はおらず、みな及び腰だった。一過性の世論に流されて、警察を敵にしたくないのだろう。

そういえば、2005年の衆院選で、絶頂期で当時ライブドア社長の堀江貴文氏は、元警察官僚の亀井静香氏と争った。堀江氏の人気が先行するなか、雨に濡れて投票を懇願する亀井氏の様子を記憶している方もいるだろう。結果、堀江氏は落選し、翌年には、証券取引法違反容疑で東京地検に逮捕され、後に実刑判決を受けた。このケースを見て、身を引き締めた政治家もいたはずだ。

警察に族議員がいないのもこうした理由からである。

No tags for this post.

警察組織の問題の記事リスト

公安委員会に実態はない

公安委員会

民主主義国家においては、規制をする側は、規制される側の意見に耳を傾ける必要がある。しかし、日本で交通規制の権限を牛耳る警察に、ドライバーとライダーの意見を聞く耳はない。 図表に示したとおり、警察が実態のない公安委員会に責 […]

警察への苦情は無駄

警察の病理

公安委員会に実態はないにも示した通り、警察には組織の中枢に問題がある。それなのに、警察官僚は決してその問題を認めようとしない。 そして、枝葉に起きる不祥事に対し、次の言葉を繰り返すばかり。 「警察官としてあるまじき行為で […]

取り締まりのための取り締まりがなくならない理由

ITS☆ザ☆情報土木

警察官が速度取締りを正当化する論拠は次の3つである。 速度規制は適正である。 取締り区間において、悲惨な事故が発生した、ないし交通事故が多発している。 交通事故をなくすため、ないし減らすために交通取締りを行っている。 速 […]

交通安全運動の目的は警察権威の回復

交通安全運動

交通安全運動の目的は、以前は警察権威の回復であった。現在の主たる目的は、「取締りによって事故が減った」という警察発表を裏付けるデータを作ることである。 全国一律の取り締まりノルマ 交通取締りにノルマが存在することを、神奈 […]

政治家が警察の問題を放置する理由

内閣

本当の内閣 「箸の上げ下げを規制する」 わが国はこう揶揄されるほどの規制大国である。 ほとんどの法律と、すべての例規をお役人(官僚)が創る。また、お役人の責任を排除するため、何かあればすぐに規制する。そうすることによって […]

地方自治に寄生する警察

警察庁の全国支配

おおくの都道府県で県庁の庁舎より警察本部の庁舎の方が立派だ。地方の市町村でも、古い庁舎で我慢しているのに、警察署だけは立派な地方自治体も少なくない。 こうなってしまうのは、警察の運営に関する権限が地方自治体に存在せず、予 […]

闇の警察署長

警察署の署長には、相当な権限が委ねられている。しかし、芸能人の一日警察署長が脚光をあびることはあっても、警察署長本人が表舞台に出ることはほとんどない。また、警察署長が、地域の治安にかかわる権限をゆだねられた部署の長として […]

殺人天国

殺人天国

次の場所に移動しました https://protest.web-pbi.com/wp/crime_heaven/ No tags for this post.