吉澤ひとみ氏の現場情報求む

このページは、吉澤ひとみ氏の事故態様を正確に反映するために作成途中です。

テレビによる連日の袋だたき報道は見るに堪えない。そこに警察は「吉澤氏は事故直前に時速86キロで走行」という情報をマスメディアにリークした。本来明らかにすべきではない捜査情報を被疑者にとって都合の悪い部分だけをピックアップして公開するものであり、火に油を注ぐ効果を意図したと看做すべき行為であり、極めてたちが悪い。

時代おくれの刑事司法は、ただ警察庁がなんの根拠もなく勝手に政令で決めた酒気帯びの基準値を超えていたという理由を中心に判決文を構成することに疑いはなく、裁判所に足を運んでも、双方が陳述(提出)する証拠の詳細を知ることはできません。

このページは、配送業者のドライブレコーダーに記録された情報と信号の表示サイクルと道路の形状を正確に再現することで、事故に至った本当の原因を明らかにするために作成中です。なお、私は、事故の要因として、飲酒による影響はほとんどないものと考えています。

以下の内容のうち、信号の表示サイクルは、私が現場を確認することなく、予想で書き出したものです。北海道在住のために現場を確認することができません。つきましては、実際の信号の表示サイクルを確認可能な方がいらっしゃいましたら、お知らせ頂けると幸いです。

事故当時の映像

事故当時、交差点内にあった配送車両のドライブレコーダー映像

この映像からは、次のことがわかる。

  1. 左からの横断者は、歩行者用信号が青に変わった直後に渡りだしている。
  2. 衝突した瞬間、吉澤氏の車両は車両区分線をまたいでいる。
  3. 吉澤氏の車両の走行軌跡は、外側から内側に車線を変更しようとしている。
  4. ブレーキランプがついたまま、映像に入ってくる。
  5. 衝突直後には、停止直前のスピードになる。
  6. 停止直前でブレーキランプが消え、直ちに加速している。
  7. 映像に、ブレーキ痕は映っていない。

事故現場の地図

ドライブレコーダーの映像を忠実に投影した。車両の軌跡は速度と加減速を表している。ただし、減速を始めた位置は調整中。

現場検証

現場交差点の形状から次のことが分かる。

  1. 現場交差点は、T字路である。
  2. 吉澤氏の進行方向からは、右折はできるが、左折はできない。
  3. 交差点の停止線から事故現場までの距離は約20m。
  4. 事故のあった場所からひとつ手前の信号までの距離は約200m。

事故態様の推察

信号の状況

信号表示サイクル(予想)


3秒

3秒

3秒

3秒

3秒

以下、重ねて依頼申し上げます。
実際の信号の表示サイクルを確認可能な方がいらっしゃいましたら、上記の信号表示サイクルとの差異をご連絡いただけると幸いです。

連絡する

No tags for this post.

酒気帯び運転・飲酒運転の記事リスト

死亡事故多発の印象操作

恐怖に訴える警察広報

日本全国のあらゆる道路には、「死亡事故多発」「緊急対策実施中」の電光掲示板が設置されている。テレビやラジオでは、「交通ルールを守りましょう」。警察施設に貼られたポスターでは、「交通違反は犯罪」。これら交通安全スローガンの […]

飲酒運転=危険ではない

飲酒運転

民間企業の「嘘・大げさ・紛らわしい広告」は、JAROに審査され、該当すれば指導を受ける。 一方、各省庁が発する国としての「広報」に審査はない。 ここでは、飲酒運転の危険性を過剰にアピールする警察広報を題材にして、「広報」 […]

飲酒運転根絶!のウソ

飲酒運転撲滅のウソ

左の表は神奈川県警の検挙ノルマである。飲酒運転に対する厳罰化が進むに反し、検挙目標が大きく減らされていることが一目瞭然だ。なお、都道府県警察は警察庁の施策を横並びに実施するだけなので、すべての都道府県警察が同じ傾向で設定 […]

飲酒運転根絶が国策となった理由

飲酒運転

2001年、警察庁が策定した飲酒運転の罰則強化を織り込んだ道路交通法の改正案は、異例のスピードで施行された。以後10年以上、飲酒運転に対する怒涛の厳罰化が続けられている。 警察庁が厳罰化を強行したのには、差し迫った理由が […]

厳罰の逆効果

厳罰化の逆効果

悪質性の低い違反に対する怒涛の厳罰化 飲酒運転の厳罰化は、罰則の強化だけでなく、酒気帯び基準の引き下げが同時におこなわれた。しかし、「アルコールは”少量”でも脳の機能を麻痺させます!」とする警察広報には明らかな作為がある […]

「事故を起こした!」のアングリフ

テレビにおける市中引き回しの刑

誰もが知っている刑事司法制度 「私たちがするのは捜査。決めるのは裁判所」 これは、刑事ドラマの主人公らが、労をねぎらいあうシーンに使われる。このセリフが示す通り、ニュースとして報道される捜査段階においては、疑うに足る証拠 […]

吉澤ひとみ氏の現場情報求む

このページは、吉澤ひとみ氏の事故態様を正確に反映するために作成途中です。 テレビによる連日の袋だたき報道は見るに堪えない。そこに警察は「吉澤氏は事故直前に時速86キロで走行」という情報をマスメディアにリークした。本来明ら […]