交通ルールは守れない
交通事故が減少している本当の理由

パッシブセーフティ

アクティブセーフティが衝突前の安全確保する機能であるのに対し、衝突後の安全を確保する機能がパッシブセーフティである。

パッシブセーフティは、衝突時に発生する衝撃を緩和することによって、乗員の肉体損傷を減少させる機能だ。

エアバッグの普及

エアバッグ

日本車で初めてエアバッグを搭載したのは、1987年に発売されたホンダ・レジェンドだ。1990年台に急速に普及し、助手席エアバ …

サイドドアビーム

サイドドアビーム

サイドドアビームは、今となっては当たり前の安全装備だ。しかし、一般的な装備となっていったのは、バブルが崩壊した後である。 バ …

衝突安全ボディの普及

衝撃吸収ボディ

衝撃を吸収するクラッシャブルゾーンと、高強度キャビンの組み合わせによって、衝突時の安全性を高める。いまでは、軽自動車を含めて …

PAGETOP
Copyright © 本当のことが言えない国 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.