交通ルールは守れない
交通事故が減少している本当の理由

救急救命の実効性が向上した

死亡事故の減少に確実な影響を与えているのは、救命処置を迅速に施術できるようになったからである。

20世紀の初頭、医師法違反で検挙されるリスクを負って、救命処置をする救命士の存在などが報道され、「日本の救急救命士にも救命処置を!」といった気運が高まり、ようやくこれらの処置ができるようになったのである。

法的に許されたからといって、各地の救命士が一斉に行ったわけではない。さまざまなトレーニングを地域ごとに行い、実施されていった。つまり、救命活動の変化による死亡事故の減少は、穏やかに進んでいったのである。

救急救命士の除細動が可能になった

除細動

交通事故において、人の生死を分けるのは、救命措置を行なうスピードである。 有効な救命処置のひとつとして、心停止に有効な除細動 …

救急救命士の薬剤投与が可能になった

薬剤登用

交通事故において、人の生死を分けるのは、救命措置を行なうスピードである。 有効な救命処置のひとつとして、心停止に有効な薬剤投 …

救急救命士の気管挿管が可能になった

気管挿管

交通事故において、人の生死を分けるのは、救命措置を行なうスピードである。 有効な救命処置のひとつとして、呼吸停止に有効な気管 …

PAGETOP
Copyright © 本当のことが言えない国 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.