大島裁判長が棄却することは、前回期日までに確信があった。
だから、判決の日、私は出席しなかった。

上告の種は蒔いたので、そこに論点を集中して上告したい。