選挙の混乱に乗じて信任をかすめ取る最高裁に何も期待はしていない。
ただ、それしか手段が残されていないので、上告した。

前回の上告審では門前払いされたが、今回は手続き論で門前払いされないようにしたい。