飲酒運転の検挙ノルマ左の表は神奈川県警の検挙ノルマである。飲酒運転に対する厳罰化が進むに反し、検挙目標が大きく減らされていることが一目瞭然だ。なお、都道府県警察は警察庁の施策を横並びに実施するだけなので、すべての都道府県警察が同じ傾向で設定される。

表向きは「飲酒運転根絶!」を大々的に広報しながら、飲酒運転検挙目標を大幅に引き下げるのは、飲酒運転で職を追われる公務員やひき逃げ事故の増加が一向に減る気配がなく、悲惨な引きずり事故も頻発しているからだろう。

以上の考察から、警察にとっての飲酒運転は、事故多発!をアピールし、警察活動を正当化するための材料に過ぎないと評価してよいだろう。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+