僕は、取締りが怖くてシートベルトを締めているのではない。

運転席や助手席では、自分の身を守るためにシートベルトをする。

2008(H20)年から後席での着用が義務化されたことは知っている。しかしながら、少なくとも一般道において、後部座席でシートベルトをしようとは思わない。

「シートベルトをする乗客がいるんですか?」

久しぶりに乗ったタクシーで聞いたら「この前ひとりいたんだよ」と運転手は笑っていた。

その一方、交通違反の取締り件数は、シートベルト着用義務違反が最も多くなっている。そして警察庁は、「取締りの成果でシートベルトの着用率が上がった」と自画自賛の広報を続けている。

つまり、ドライバーの自発的なアクションではなく、警察の強制力による効果をアピールしているのである。

自分の身を自分で守る意識のあるドライバーは、こんな取締りと広報を続ける警察をさげすんでいる。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+