「トイレをきれいにご利用いただきありがとうございます」

僕の記憶によれば、これは1990年頃からローソンが始めたトイレでの啓発だ。
この啓発は広く受け入れられ、コンビニはおろか、全国の公共トイレに広がった。

ローソン以前、日本の便所には、命令調の注意書きばかりだった。
そして、前世紀の便所と同様、現在の日本の道路には、命令調が溢れている。

「スピード落とせ!」「飲んだら乗るな!」「事故多発!」

日本の道路

「いつも安全運転ありがとうございます」

このように利用者の自発性に訴えることをせず、ひたすら危険をあおって、法や罰則を振りかざすことを続ける管理者(=警察)の下においては、日本の便所(=道路)はこれからもずっと汚れたままだろう。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+