そもそもルールは守るべきものではない

日本には、「ルールを守ろう!」といった類いのキャッチコピーが氾濫している。しかし本来、ルールとは守るべき対象ではない。

<言語的に>
日本では「ルールを守る」の一辺倒である。
ルールは守るものではないしかし英語では、この場合のという意味において、“obey”または“observe”、あるいは“follow”で表現される。いずれも「従う」ないし「尊重する」と言う意味だ。
一方、何かを「守る(ガードする)」ときに使われるのは“protect”だ。
以上のとおり、英語的にいえば、ルールはである。
<論理的に>
守るべきまたは達成すべき目的があり、その手段として、ルールが作られ、それに従う。
事故を減らすために、交通法規に従う
(目的)(手段)
このようにルールは、目的ではなく、手段にすぎないのである。

以上の考察から、「ルールを守る」という表現は、手段を目的化しているといえる。

ルールを守ろう!= お上のルールに黙って従え!

警察官僚にとっては、好都合なのだろう。

お上による手段の目的化

刑罰主義の交通規制それから「ルールを守る」という表現には副作用もある。

目的に対して、手段は妥当なのか?―― こう考える機会を失わせてしまうことだ。

これも警察官僚にとっては、好都合だろう。

「ルールを守ろう」が氾濫していることに何の違和感も感じないのなら、23分間の洗脳をぜひ見てほしい。