DSC_0012-2

経緯

    1. 東京のパーキングメーターとパーキングチケットにおいて、過去10年間のPMPT運用状況を請求した。
    2. 開示文書が過少申告されている可能性を推し量るために、表参道のパーキングメーターの収益情報を請求した。
    3. 公開文書を分析していて、予測できる不正の額があまりにも巨額であるため、身の危険を感じるに至ったためすべての経緯を公開した。

今回の情報公開請求

昨年おこなった表参道のパーキングメーターに対する情報公開請求では、あまりにも非協力的な警視庁の対応によって、追求の留保を余儀なくされたいた料金不正幇助疑惑に対し、ようやく再請求をおこなった。

請求する行政文書の名称等

PMPTについて

      1. 基番号別収納状況紹介 原宿基番65,66,77,78,79(H26年4月からH26年8月まで)
      2. 第2区担当業者の出納報告書ただし原宿管内のみ(同期間)
      3. 警視庁がまとめた原宿管内の収納状況(同期間)

なお、警察に対する情報公開においては、ウソや開き直りや情報隠しでさんざんな目に遭っているので、私の論調は攻撃的です。

それゆえ、行政監察の必要性に理解のない方は、試聴をご遠慮ください。

情報公開センターでのやり取り

パーキングメーターの収益を推察するための動画

    • 撮影場所:表参道
    • 撮影日時:2016.2.19 FRI 11-16時頃
    • 撮影間隔:5分間隔